wonderful Zoo

wonderzoo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 17日

マユお母ちゃん・・・

b0145677_15301132.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ+TC-17E Ⅱ


マユが逝ってしまいました・・・







b0145677_15301453.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ+TC-17E Ⅱ


ご存じの方も多いと思いますが・・・

多摩動物公園のユキヒョウ “ マユ ” が事故により天へ旅立ってしまいました。

死因は室内と運動場の境にある油圧扉に挟まれた事による頭蓋骨骨折


多摩動物公園のホームページによりますと・・・

14日の夕方に子ども3頭が先に室内に入り、親子を分けてエサをあたえるために運動場との出入り口にある油圧扉を下げていました。

すると子どもたちが急に鳴きだしたため運動場にいたマユが扉に突進。

マユは頭を油圧扉に挟まれてしまったとの事です。

普段は鳴かない子どもたちが鳴いたため確認したところマユが挟まれているのを発見。

急いで油圧扉を上げましたが手遅れだったようです。


ここで疑問に思う事が・・・

いつもユキヒョウの動きを確認しないで毎回油圧扉を下げていたのでしょうか?

私はてっきり監視カメラなどで確認しながら扉の操作をやっていたものと思っていました。

野生動物なんで思いもよらない行動をする可能性があるかもしれないって事は、素人でも分かる事だと思います。

それを何故やっていなかったのか・・・

病気による死ならまだ納得もできますが、人為的なミスによる死はいくら考えても納得できません。

私は2回しかマユ親子にあってませんが、頻繁にあっているファンの方々は私以上に納得できないでしょうね・・・

今後の対策なども発表されてるみたいですが、ちょっとキツク言っちゃうと「飼育のプロなら、それくらい思いつかなかったのか!?」

スタッフさん方も辛いのは分かりますが、この事故原因を考えると今までは万全とは言い難い安全対策だったと言わざるを得ません。

どうこう言ってもマユは戻ってきませんので、今後の万全を尽くした安全対策を願いたいものです。


1枚目と2枚目は9月11日に撮ったものです。

今回はマユのご冥福の祈りもこめて、去年撮ったマユとチビたちの写真も2枚ほどアップいたします。↓



b0145677_15301724.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ+TC-17E Ⅱ


こちらは室内から出てきたマユとチビたち。↑

久しぶりに見るユキヒョウのオトナと、初めて見るユキヒョウの赤ちゃんに興奮したのを覚えています。



b0145677_15301918.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ+TC-17E Ⅱ


こちらはチビに近づいてスリスリしているマユです。↑

やはり親子が触れ合ってる光景はイイもんですね・・・でも、もう見れないマユ親子の触れ合い・・・


他の動物園でも起こりうる事故なので、万全の対策をとってもらいたいと願います。



2011年8月、2012年9月撮影
[PR]

by ken-wz3 | 2012-09-17 17:41 | 多摩動物公園


<< レサパンダウン      帰ってまいりました~♪ >>