人気ブログランキング |

wonderful Zoo

wonderzoo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 31日

Red Nosed Reindeer? Blue Nosed Reindeer?

b0145677_21162773.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


レッサーパンダ写真は、ひとまず休憩です。







b0145677_21163229.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


次はトナカイの放飼場です。



b0145677_21163536.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


大森山にはオスの “ カイオウ ” と “ マオ ” に、メスの “ サクラ ” の3頭が飼育されています。

ここのトナカイは人懐っこくて、檻に近づくとトナカイも近づいてきてくれる事もあります。



b0145677_21163961.jpg

b0145677_21164257.jpg

Nikon D7000+AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED


この日も、こ~んな感じに近づいてきてくれました♪

たぶん体毛の色から、このこがカイオウと思われます。

カイオウが一番人懐っこいような気がします。



b0145677_21164659.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


このこがサクラ。 ↑



b0145677_21165074.jpg

b0145677_21165284.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


このこがマオと思われます。↑

体毛の色で判断しているので間違っていたらゴメンなさい。m(__)m



b0145677_21165624.jpg

b0145677_21165878.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


ところで「トナカイの鼻って何色?」って聞かれると「赤?」って思う方も少なくないはず。

「赤鼻のトナカイ」って歌が有名なんで「トナカイの鼻は赤!」って今も思ってる方がいるかもしれません。

私も動物園撮影をするまでは「赤?」って思っていました。^^;

実際は今回の写真を見てみても分かるように黒なんです。



b0145677_2117469.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


では何故「真っ赤なお鼻の♪トナカイさんは~♪」って歌になったのか調べてみると・・・

あるデパートの宣伝用に作られたお話「赤鼻のトナカイ・ルドルフ」に出てくるルドルフというトナカイが赤鼻という設定だったんです。

お話によると・・・


ルドルフはうまれつき光る鼻を持っており、仲間からは「赤い鼻」と笑われたり、からかわれたりしていました。

しかしルドルフの両親はそんなルドルフを恥ずかしいとか厄介者とは思わず愛情をもって育てました。

そしてあるクリスマスイヴの日にサンタがルドルフの家にプレゼントを持っていったところ、窓から不思議な光が漏れているのに気づきルドルフと出会ったのです。

クリスマスイヴの時期は霧などでプレゼントの配達が遅れたりサンタが事故ってしまうなどの障害が多々発生しました。

そこで光る鼻を持つルドルフをチームに誘い、ルドルフを先頭に進んでいくことで事故もなく無事にプレゼントを運ぶことができたそうです。

欠点と思われそうなところも必ず必要としてくれる人がいるからポジティブに行こう!的なお話なんでしょうね。

このお話を元に作られたのが「赤鼻のトナカイ」という歌ですが、原作を歌は少々話の内容が違っている箇所もあるとか・・・



b0145677_2117771.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


あと別の話でトナカイと言えば週刊少年ジャンプで連載されている人気漫画「ONE PIECE」に出てくる青鼻のトナカイで、「麦わら海賊団」の船医でもある「トニー・トニー・チョッパー」が有名だと思います。

動物園でもトナカイを見て「チョッパーだ!!」って言う子供さんが多いのも事実。

そこでワンピースを知らない方のためにちょっと説明します。

漫画「ONE PIECE」とは1997年から現在も連載されている人気漫画

主人公の少年「モンキー・D・ルフィ」が海賊王になるため、「麦わら海賊団」の仲間とともに伝説の秘宝「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探す旅に出るというお話です。

海賊とはいうものの普通の海賊のように一般市民を襲ったりはせず、自由きままに旅をするのが「麦わら海賊団」のようです。

私も大好きな漫画で詳しくお話したいのですが・・・

そうなっちゃうと話が長くなっちゃうので、チョッパーに関してのお話のみとさせていただきます。

チョッパーは生まれながらに青い鼻を持ち、仲間や親からも仲間外れにされる毎日でした。

そんなある日にチョッパーは「悪魔の実」という実を食べて半分人間のような生き物になってしまったのです。

「悪魔の実」とはワンピースでよく出てくるもので、食べると何かの能力を授かると同時に一生泳げない体になってしまう実の事です。

ちなみに主人公のルフィは「ゴムゴムの実」というのを食べ、全身を色々伸ばせるゴム人間になっています。

チョッパーは「ヒトヒトの実」というものを食べ動物とも人間ともいえない体になってしまったのです。

当然ながらトナカイの仲間から追い出されましたが、これで人間の仲間になれると思ったチョッパーは人間のいる村へと行きます。

しかし完全な人間になった訳ではなく人間から見れば怪物のような風貌なので、バケモノ扱いされチョッパーは何処にも行く場所がなくなってしまいました。

そこで出会ったのがチョッパーが初めて気を許した人間「Dr.ヒルルク」・・・

・・・とお話が進みますが、あまり詳しく話しちゃうとネタバレしちゃうので・・・^^;

ここいらで止めておきます・・・話したいですが・・・(笑)


まあ簡単にいうと青鼻で半分人間半分動物というコンプレックスを持っていたチョッパーですが、そんな事は全く気にしないルフィの心意気により麦わら海賊団の仲間になりました。

詳しいお話はコミックスの第16・17巻に載っています。

更に麦わら海賊団とチョッパーとの出逢いのお話のみを映画化した「エピソード オブ チョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」もDVD&ブルーレイで発売&レンタルされています。

気になる方はご覧になってはいかがでしょうか。

ワンピースを知らない方も楽しめ泣ける作品になっています。



b0145677_2117913.jpg

Nikon D300s+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR Ⅱ


赤っ鼻、青っ鼻、黒っ鼻・・・

いずれの鼻にせよトナカイは愛らしい動物って事は間違いないようです。(^^♪



2012年1月撮影

by ken-wz3 | 2012-03-31 11:09 | 大森山動物園


<< 潜水艇      雪のリンゴタイム 1月編 その2 >>