2011年 10月 19日

夜空を彩る魚たち

b0145677_1551080.jpg

Nikon D7000+AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR Ⅱ


秋の夜長の男鹿水族館・・・







b0145677_1551410.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


現在男鹿水族館では秋の企画展として・・・

「秋の夜長展 ~夜空を彩る魚たち~」を開催しております。

星のように瞬く魚や身体に星模様のある魚。

名前の由来に夜空が関係する生物などを展示するという企画です。

こういうGAOの企画展は結構好きなんで、さっそく入ってみることに・・・ ↓




b0145677_1551713.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


まずは「秋の夜空を彩る魚たち」という水槽です。



b0145677_1552092.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


こちらにいる魚は「アマノガワテンジクダイ」という魚です。



b0145677_155231.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


この魚の体表には星のような白い斑点があります。

生息地は東南アジアの太平洋付近。

ちなみに絶滅危惧種との話もありますが・・・

繁殖力が強く、捕獲され持ち出された個体が他の場所で繁殖している例もあるそうな・・・

繁殖力の強い絶滅危惧種ってのも矛盾してるような・・・ (笑)



b0145677_155253.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


こちらは「秋の星座にちなんだ魚たち」の水槽です。

ここにいる魚は・・・ ↓



b0145677_1552888.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


この魚は「ウマヅラハギ」という名前の魚です。

名前の由来は見たまんまで、馬の顔に似ているからとの事。^^;

ちなにみ秋田の男鹿半島付近では「カングリ」とも言われております。


このウマヅラハギが何故星座にちなんだ魚たちか・・・というと・・・ ↓



b0145677_1553185.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


「こうま座」という星座があるらしく、それをモチーフにしたみたいです。



b0145677_1553489.jpg

b0145677_1553932.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


このウマヅラハギはとても愛嬌のある顔をしており、見ていると近づいてきてくれて惹かれてしまいました♪



b0145677_1554211.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


そして同じく「秋の星座にちなんだ魚たち」の水槽です。

ここには何がいるのかというと・・・ ↓



b0145677_1554527.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


ん!?・・・何かいるの?と思ってしまうほどサンゴしか目につかない水槽・・・

壁には竜の絵が描かれている・・・と言う事は・・・ ↓



b0145677_1554932.jpg

Nikon D300s+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G


サンゴの間にいる生物がそれです! ↑

これはタツノオトシゴの仲間「イバラタツ」という生物です。

「こぐま座」と「北斗七星」の間に「りゅう座」という星座があるらしく、そのための展示みたいです。



b0145677_1555514.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


こちらは「お月見をする魚たち」という水槽。

何がいるのかというと・・・ ↓



b0145677_1555728.jpg

Nikon D7000+SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO OS HSM


「ウミヅキチョウチョウウオ」という魚がいました。 ↑

こちらには体表に月の模様がある魚や、月の形に似た生物が展示されております。

このウミヅキチョウチョウウオの体表には月のような模様があるため、展示されてるみたいです。


今回紹介した生物はごく一部です。

他の生物は、ぜひ男鹿水族館に行ってみて観察してください。

この「秋の夜長展 ~夜空を彩る魚たち~」は11月27日まで2階企画展示室で開催されております。



P.S:次回からは関東遠征編に戻り、千葉市動物公園の写真をアップしたいと思ってます。(^^)



2011年9月撮影
[PR]

by ken-wz3 | 2011-10-19 16:25 | 男鹿水族館GAO


<< 聖地に参上!      洗顔? or 痒い? >>